マツエクサロンにいく時のメイクはどうする?

NEWS

マツエクサロンにいく時のメイクはどうする?


多くの女性は、外出する際にメイクをして出かけるものです。

しかし、まつ毛に施術をするマツエクは、メイクがかえって邪魔になるもの。

あらかじめメイクを取っておいた方がいいのか?取る時間がない時はどうすればよいのか?

など、メイクに関する疑問にお答えしましょう。

 


できればすっぴんが好ましい


マツエクに行くときはすっぴんの方がいい、と聞いたことがある人もいるでしょう。

確かにまつ毛に施術をするものですから、メイクは邪魔になります。

施術前に、アイシャドウやマスカラなどのアイメイクはクレンジングしますので、

最初からしていかない方がいいと言えるでしょう。

施術をするのはまつ毛なので、ファンデーションやチークなどはしていてもOKです。ただし、理想はすっぴんです。

施術する際には細心の注意を払ってくれますが、万が一、施術中にファンデーションの粉が目に入る、

などといった事故が起こらないとは限りません。

できれば、すっぴんの方が施術者も集中できるでしょう。

 


メイクをしていても問題ないがアイメイクはNG



ファンデーションやリップ、チークなどのメイクはしていてもOKですが、アイメイクはしていかない方がいいでしょう。

特にマスカラのクレンジングはオフしにくく、まつ毛に残りやすいもの。

キレイに落とさないと、グルーという接着剤の付きが甘くなり、取れやすくなってしまいます。

施術当日は、マスカラを使わないことをおすすめします。

また、アイシャドウなどのメイク用品がまつ毛に付着していると、マツエクがきれいにできない場合も。

アイメイクはサロンでオフしてくれますが、その分時間もかかってしまうので、アイメイクはしていかないことをオススメします。

 


アイプチももちろんNG


アイプチをしている人は、アイプチをしている状態に合わせてマツエクのデザインを考えたいものです。

しかし、アイプチの状態が常に同じになるとは限りません。

その日のアイプチの位置が違ってしまうと、それに合わせたマツエクになるので、理想の目元になりにくい可能性があります。

アイプチをしていくかどうかは、マツエクサロンのスタッフに相談してみるといいでしょう。

 


メイク道具を持参すればサロンでメイクをして帰れる


すっぴんはサロンに行く前だけですみます。施術が終わった後は、サロンでメイクをして帰れることも多いからです。

すっぴんで外を歩くことに抵抗がある人は、メイク道具を持参するといいでしょう。

ただし、マスカラなどのメイクはNGとしているサロンがほとんど。

アイラインやアイシャドウはサロンによりますので、施術後のメイクについてはサロンでの注意をよく聞いて行うようにしましょう。